非該当と認定された方
(サービス利用への手続き)
  非該当と認定された人は、各市が行う地域支援事業の介護予防事業を利用すること
 になります。このサービスは地域包括支援センターが中心となって、住み慣れた地域で、
 いつまでも自立した生活を続けていけるようサポートしていきます。
         
「非該当」
認定を受けた方
保健師等による
簡易なアセスメント
 
    チェックリスト等を用いて利用者の心身
  の状態等を把握し、課題を分析します。
   
サービス担当者との
話し合い
  サービスを利用するなど必要な場合に
  のみ実施します。
簡易な介護予防
支援計画の作成
   目標を設定して利用するサービスを
   決定します。
地域支援事業の
介護予防事業を利用
一定期間ごとに
効果を評価、プランを見直す
 介護保険の対象とはならないが介護予防
 を必要とする方についても、各市で実施
 している介護予防事業が利用できます。
 ●運動器の機能向上 ●閉じこもり予防・支援
 ●栄養改善       ●うつ予防・支援
 ●口腔機能の向上   ●認知症予防・支援